お肌トラブルQ&A

顔・背中についてのQ&A

 

ニキビの原因のひとつが男性ホルモン過多って本当ですか??

これは本当です。
意識してリラックスタイムを!
膝が乾燥しているのに、ニキビができたり、Tゾーンだけでなくあごにもニキビが出て困ってる方、いませんか??
その原因は「女性にとっての男性ホルモン」なのです。
当然ですが、女性も微量の男性ホルモンを、反対に男性も微量の女性ホルモンを分泌しています。
ところが、最近の女性の中には、男性ホルモンの分泌が増えている方が少なくないのだとか・・・。
その理由はなんと、その理由はなんと、頑張りすぎによるストレスだそうです・・・。
そんなぁ・・。まじかよ・・・。頑張った上に男性っぽくなっちゃうの??
と悲しくなってしまいますが、事実なのです。
日中の活動モードのときは、交感神経が優位になってしまいます。
リメリーの口コミが良いですのでチェックしてみてください。
そういったときは、脳や筋肉い血液が集まり、いわば戦闘態勢になっています。というわけなのです。
(実際にこれは狩猟時代の名残りなのだとか・・・。)「戦いモード」のときは男性ホルモンが分泌され、その結果、お肌は皮脂を
ばんばん出してしまうのです。肌は乾燥しているのに、ニキビが出来ている方、またTゾーンだけでなくあごにんもニキビができる方などは、このケースの可能性が考えられます。
この状態を解消するためには、副交感神経が優位になる時間を増やすことで、またその切り替えを上手に行うことが大切になります。
多忙な現代女性のことですからリラックスする時間を増やすのはなかなか難しいけれども、質を高めることであれば可能になります。

ここのポイントは、何かをしない時間を持つ、ということ。
たとえば空き時間ができたから本を読もうとか、移動の時間も無駄にしないで携帯でメールチェック、という習慣をやめてみるのもいいかもしれませんん。
生活のすべてを効率的に組み立てるのは、交感神経の仕事になります。
たとえば、アロマを炊くような特別なことをしなくても、肩の力をふっと抜き、遠くを眺めるようなひとときを持つことが、男性ホルモン過多にならないコツになります。
時間が空いたら、5分でいいのでお茶をゆっくrい味わう。移動時間に、は公園の緑が濃くなってるのを感じる。そんあ簡単なことであっても、戦闘モードでフル稼働している神経を休めてあげてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ