お肌トラブルQ&A

おへそについてのQ&A

 

おへその正しいお手入れ方法を教えてほしいです!

綿棒は皮膚を傷めるので、柔らかな布でやりましょう。
あるとき、なかのいい友達にこう聞かれて戸惑ったことがありました。
「ねぇねぇ、おへそってどうやってお手入れしてるの??」
・・・え??それまでおへそについてあまり考えたことがなかった私はびっくりしました。
周囲に聞いてみると「オリーブオイルを含ませた綿棒でクリッとお掃除をしている。」と言う人がチラホラと・・・。
おへそは人間の皮膚の中で唯一汗を分泌しない部分なのですが、へこんでいるので、意識して洗わないと石鹸の泡なども届かず、
垢(へそのごま)が溜まってしまいます。
お手入れ方法としては、ベビーオイルやオリーブオイルをおへその内外にたっぷいと塗って、汚れがふやけた状態にしてから、クリっと撫でてあげるのが合理的になります。
ただし、めんぼうだと強くこすってしまう危険があるので、ガーゼなど柔らかい布にオイルをつけて撫でる程度でいいでしょう。
爪やかたいものなどで、無理やり汚れをとるのは厳禁になります。
おへそのすぐ下には腹膜があるので、傷つけた細菌が入ったりすると腹膜炎を起こしてしまうので要注意になります。
それから、私のおへそにまつわるおすすめをひとつご紹介致します。
ウォーキングの先生から以前聞いたことがあるのですが、おへそをたてにする、意識をいつも持つといいそうです。
やってみると、確かに背中がピッと伸び、お腹まわりのお肉にも緊張感が生まれます。
よく、猫背ぎみの方が背筋を伸ばそうとして逆に腰を痛めてしまうケースがあるのですが、意識すべきではインナーマッスルであり、
見えないコルセットであるおなかの筋肉。

そこにほどよい緊張感をもたせるときに、おへそはたてという意識は、おなじないのようによく効きます。
きちんとお手入れした縦長のおへそは、他人からは見えなくてもその女性のキレイに必ずや貢献してくれるはずです。

ホーム RSS購読 サイトマップ