お肌トラブルQ&A

歯についてのQ&A

 

歯の矯正って子供の時にやらないとだめなの??

矯正は気づいた時が適齢期なのです。40代でも遅くはありません。
日本の女性たちは世界でも、群を抜いて美意識が高いと思います。
けれど、歯へのこだわりでいえば、アメリカ人が世界一になります。
日本人にとってキレイな肌は最高のほめ言葉ですが、アメリカ人にとってはそれがキレイな歯というわけになります。
肌がきれいなことと同じくらいに歯がきれいなことは重要視されます。
例えば、歯並びが悪いと教養がない、育った環境が悪いと散々されてしまうほどで、なんと肌が汚いのは仕方ないけれど、歯並びが悪いのは親のせい!
という言葉まであります。
知人のアメリカ人男性から「日本人の女の子はドラキュラみたいな歯並びの子がいて、キスをしたら食べられちちゃいそうで怖い・・・。」
と言われたこともあるくらいです。
アメリカに行った時はその美歯への意識に驚いたものですが、よくよく考えると利にかなっています。
歯並びが悪いと虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くても歯ぎしりや肩こりを引き起こしたり・・・。
見た目の問題だけでなく、全身の健康にもかかわってくるのが歯というパーツなのです。
私自身も、小学生の頃に両親が矯正治療をしてくれたことを感謝していますし、娘の歯並びに問題があったら、適当なタイミングで治療してあげるのが親の務めと思っています。
とはいえ、歯並びを重視しない日本では、子供のころに治療を受けなかった、というケースも珍しくないでyしょう。
もしもこれを読んでいるあなたが大人の女性で今から矯正治療なんて・・・。と迷ってるのなら、その足で歯医者さんに行ってみてください。
決してもう治療しても遅い・・・。なんて言われることはありません。

私の友人でも、20代後半、30代、40代で歯列矯正治療を始めた人がいます。
そして、全員が「矯正やってよかった!」と口をそろえて言います。
大人になって始めると治療期間は少し長くなりますが、子供よりも意識が高いので口のケアがきちんとでき、治療中に虫歯など別のトラブルを生じにくいというドクターもいるほどです。
また、骨がしっかり成長しているので、治療を終了してからもとに戻りにくい、というメリットもあるみたいです!

ホーム RSS購読 サイトマップ